Loading…

シジミと肝臓の関係は最高

肝臓を守ることで健康的に生きていく事が出来る。肝臓にはしじみが一番

シジミとあさり、はまぐりの違いとは

シジミとあさり、はまぐりはすべて同じような栄養素だと勘違いをしている人も非常に多いそうです。実はこの3つは同じような成分ももちろん入っているのですが、違う部分も多々あります。まずはシジミ、アサリ、ハマグリの違いを調べてみました。大きくわけて3つの違いがあると考えられます。

①生息地の違い

アサリとハマグリは海の浅瀬に生息します。しじみは淡水に生息する貝です。しかしシジミの中には海水と淡水が交わる場所で生息している事もあります。

②大きさの違い

大きさの順番としては、ハマグリ⇒アサリ⇒シジミとなっています。ハマグリは10センチほどの大きさの物もありますが、その反面シジミは3センチ前後とかなり小さくなっています。アサリの大きさはこの間の5センチ程度となっています。

③食べ方の違い

しじみと言えば、しじみ汁です。誰もが想像するのはこのシジミ汁になるでしょう。あとはパスタにして食べる人もかなり多くいます。どちらかと言うと、シジミは具が小さいので山車として使われることが多くなっています。しかしシジミは具自体にも栄養素が豊富ですので、食べにくいとは思いますがシジミ汁などに入っている蜆の具は食べるようにしましょう。またアサリに関しても味噌汁にする事が多くなっています。アサリの酒蒸しなどは居酒屋でも定番のメニューとして存在しています。ハマグリに関しては、やはり焼き蛤が有名なのではないでしょうか。どれも同じ貝類ですので、汁物やパスタなどにも使われる食材となっています。

シジミ、アサリ、ハマグリは大きさだけの違いだと思っていた人もいるかと思いますが、栄養分として一番勝っているのはシジミです。食べ応えはありませんが、体にはシジミが一番良い成分を含んでいます。