Loading…

シジミと肝臓の関係は最高

肝臓を守ることで健康的に生きていく事が出来る。肝臓にはしじみが一番

シジミとウコン

お酒をよく飲む人にとって二日酔いは嫌なもの。よく二日酔い対策としてウコンが入ったドリンクなどをコンビニで購入して飲んでいる人を見かけます。

ウコンの主成分となっているのはクルクミンです。このクルクミンとは、ポリフェノールの一種で黄色の色素成分です。クルクミンは、肝臓の解毒機能を強化する作用や胆汁の分泌を促進する作用を持っています。この為、肝機能を向上させる効果や、コレステロール値を低下させる効果が期待されています。

そして、しじみの主成分のオルニチンとなります。オルニチンも肝機能の向上や美肌効果などがある成分となっています。

ではシジミとウコン、どちらの方が肝臓に良く、二日酔い対策としては勝っているのでしょうか。

ウコンは確かに肝臓に良い成分クルクミンが入っていますが、ウコンが二日酔いに効果があると言うのは科学的には証明されていません。もちろんだからと言って、ウコンも肝臓に良い成分は入っていますので100%効果がないわけではないとは思います。ただ二日酔いに効果があるかどうかはわからないと言うのが結論です。

逆にシジミに入っているオルニチンは科学的に証明されています。この証明をされているかどうか、という違いがシジミとウコンにはあると言う事です。肝臓に良いかどうか、ではないという事になりますね。

しかしどうしてもウコンの方が宣伝効果が高い為、二日酔いと言えばウコン、と答える人も多いのは現実です。

ただ現実的にはシジミに入っているオルニチンの方が二日酔い対策には効果がありますので、二日酔いを少しでも楽にしたい人はシジミを取り入れるのが良いでしょう。

また最近ではシジミのサプリメントなども発売されていますので、宴会前、宴会後などにシジミのサプリメントなどを利用するのも二日酔い対策としては正しい事と言えるでしょう。