Loading…

シジミと肝臓の関係は最高

肝臓を守ることで健康的に生きていく事が出来る。肝臓にはしじみが一番

しじみの種類

シジミと言ってもたくさんの種類が存在します。それぞれ基本的な栄養素は同じですが、産地や特徴なども違ってきます。シジミの種類については以下にまとめたとおりになります。

①ヤマトシジミ:ヤマトシジミは日本で一番ポピュラーなシジミです。九州から北海道までの全国の河川の河口など淡水と海水が入り混じる汽水域の砂礫底に生息している蜆です。普段から食しているシジミの90%以上はヤマトシジミだと言われているぐらいシェアを占めています。

②マシジミ
マシジミは淡水に生息をしている蜆です。北海道には生息しておらず、それ以外で生息をしている蜆になっています。昔は水田の近くの小川などでも見ることが出来ましたが、今では汚染されている為ほとんどマシジミを見ることは出来なくなってしまいました。

③瀬田シジミ
滋賀県にある日本最大の湖『琵琶湖』に生息をする蜆で、淡水で育っています。瀬田川でよく取れたこともあって瀬田シジミと呼ばれるようになりました。この瀬田シジミに関しても水質変化などが原因でほとんど見ることが出来なくなってしまいました。

④タイワンシジミ
タイワンシジミは台湾などから入ってきた淡水に生息をしている蜆のことです。台湾シジミは生命力が非常に強い為、汚い水でも問題なく育ちます。しかもあまりおいしくないというのが台湾シジミの特徴とも言えます。色的には黄色っぽい色をしています。

シジミと言ってもいろいろな種類があるのですが、現在ではほとんどがヤマトシジミという事がわかると思います。