Loading…

シジミと肝臓の関係は最高

肝臓を守ることで健康的に生きていく事が出来る。肝臓にはしじみが一番

しじみとは

しじみとは二枚貝の一種で、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、うまみ成分などを豊富に含む栄養成分が豊富な食べ物です。しじみには、コレステロール値を下げたり、疲労回復、貧血予防効果が期待出来ます。また、しじみに含まれるオルニチンは肝機能の保護作用や、アンモニアの解毒をする効果があり、二日酔いに効果的として最近では話題になっています。

またしじみには美肌効果もあり、美容食としても人気があります。これ以外には鬱病などのストレス性傷害や、アンチエイジング(老化防止)など、健康に欠かせない成分がしじみにはほとんど入っていると言っても過言ではありません。

昔はしじみを食べると夏バテにも効くと言われており、疲労回復や肝機能向上の効果が高い事がわかります。しじみ自体は全国で採取できる貝で、特に有名な産地は島根県の宍道湖と青森県の十三湖となっています。どちらも海水と淡水が交わる場所で生息されている蜆です。

普段の料理でシジミを使う場合の選び方としては、大ぶりで殻のつやがよく、色が濃いものが新鮮ですので参考にしてください。また蜆を使う際には、しっかりと砂抜きをしたいところです。あのジャリっとした感じが嫌いな人も多いでしょうから。

蜆を食べる方は、疲れやすい、肝機能が気になる、美肌になりたい、貧血気味の方にはお勧めしたい食材と言えます。また普段からストレスを抱えている方にも蜆は定期的に取り入れて欲しい食材とも言えます。イライラ感を防止してくれたり、自律神経を正常な状態に戻す役目もありますので蜆はお勧めです。

蜆と言っても、アレだけ小さい中に、これだけの効果効能が期待出来る食材ですので体には良い食材と言えるでしょう。