Loading…

シジミと肝臓の関係は最高

肝臓を守ることで健康的に生きていく事が出来る。肝臓にはしじみが一番

二日酔いとしじみ

しじみにはオルニチンという成分が多く含まれています。このオルニチンが肝臓の働きを助けてくれ、疲れを回復させてくれる成分なのです。オルニチンは、血液中に入り込み、アンモニアを解毒してくれる作用があります。この作用が肝臓には良いという事になります。

この蜆に含まれているオルニチンは、チーズ、ひらめ、パンにも含まれている成分ですが、蜆ほど多くは含まれていません。こういう理由から、二日酔いやお酒の席では蜆が良いと言われるのでしょう。

またオルニチンを摂取することで、ストレスが軽減し、睡眠や気分などの自覚症状が改善する事も証明されています。ストレス状態が低くなると言うのは現代人にはありがたい食材と言えますね。

また蜆にはアラニンという成分も含まれています。このアラニンも肝機能を向上させる為に役立っている成分になります。アラニンは蜆だけではなく、牛や豚のレバー、あさりにも含まれている成分になります。ただこちらも蜆が一番多く含まれていますので、あさりと蜆を比べた時でもシジミの方が栄養素が高くなっているのです。

食べた感触や味としては、あさりの方が具も大きくおいしいイメージが強いですが、シジミの方が体には良いという事を覚えておきましょう。

アラニンはシジミに含まれているのですが、肝機能を気にしている方や、美肌になりたい方、体を丈夫にしたい方には最適な栄養素と言えます。お酒の席と言うのはストレスも溜まりますし、体にも悪影響を及ぼしますので二日酔いにも良いシジミを体内に取り込む事も考えて食生活を見直すのも良い事だと言われています。